母子家庭で正社員転職で気を付けること

母子家庭でも正社員がおすすめ

母子家庭で多くの方が悩むのが、仕事と育児との両立ではないでしょうか。母子家庭で抱える事情はそれぞれですが、やはり女手ひとつで子どもを育てていくためには一定以上の安定した収入が必要となります。定職に就くと日中仕事に時間を割かなくてはならなくなり子どもの面倒を見る時間がなくなる、子どもの急な発病などで仕事を休みにくいなど懸念する人もいますが、それでも正社員のほうがおすすめだといえます。 
正社員であることのメリットは、固定休であることと有給休暇が取得できることです。時給や日給のパートなどで働くと月によっては祝日などで出勤日数が減ってしまい収入が変動することがありますが、正社員のように固定給であり毎月の収入が安定することは家族を養ってく上では大きなポイントになります。さらに有給休暇が取得できれば、子どもの行事などにも参加しやすくなります。また将来のことを考えるとやはり厚生年金に加入しておいたほうが安心といえます。

正社員への転職活動にて気を付けるべきポイント

母子家庭の人が正社員に転職する場合、気を付けておくべきポイントがあります。それは自分の就労可能条件をハッキリさせておくことです。会社側からしたらやはり本音はなるべく休まず、残業も嫌な顔せずにしてくれる人の方が欲しいのが事実です。しかし母子家庭である以上、子どもの面倒を見なければならず働く時間は限られてきます。内定が欲しいからといって面接で下手に企業側にとって都合のいいような受け答えをすると、実際に就業する際に仕事と育児の両立ができなくなったり、面接で答えたことと違う行動をとっていると会社側から指摘が入り仕事を続けることが難しくなってしまうこともあります。まずは自分の就労可能条件を整理し明確に答えられるようにしましょう。何時から何時まで働けるのか、残業はできるのか、休みはどの曜日を希望なのか、子どもが熱を出したらどうするのか、などはよく聞かれる質問なので事前に対策を練っておきましょう。

正社員への転職活動が厳しいとは限らない

実際には、母子家庭の方での就職活動は厳しいとされることもありますが、決して諦める必要はありません。根気強く探せば理解を示してくれる会社が見つかりますので、子育てがあるから正社員は融通が効かないと決めつけず、今後のことを考えて正社員への転職を目指してみてください。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、pjが2016年7月12日 15:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シングルマザーが定時で帰れる正社員に転職する方法」です。

次のブログ記事は「シングルマザーがパートから正社員の転職をする方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。